生み落しで初乳を飲んでないから免疫力がない。だから、超虚弱の生君の成長記録です。数々の病気を克服。現在、お腹&喉をペコペコさせた努力性呼吸をしながら、慢性鼻炎で鼻をブーブー鳴らしながら、元気にはじけてます。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生君の大きさ~生後80日目~
2014年11月30日 (日) | 編集 |
生君、順調に体重が増えてます。

先週の水曜日が420gでしたが、昨晩は490gとこの三日間で70g増えました。

生君は疲労性呼吸(間違ってるかも?)で、体全体で呼吸をして炒め、食べても消費が大きく、体重が増えませんでした。

また、私は、仔猫たちは体重管理で病気の早期発見をするほど、体調が悪いと、食べても増えないもしくは減ります。

が、ここで、体重が急激に増えはじめたということは、体調がよくなってきた証拠!!

よかったです。

では、生後2か月半の生君の大きさというと、

DSC_1486.jpg
キジトラ組リーダーのみかんくん

上から見ると
DSC_1487.jpg

まだまだ小さいです。

病院に行って生君を見た人は、「生まれたばかり?」とみんな聞いてきます。

この1月半、成長はとまったままでも生きてます。

実は、我が家には、保護した時生後2か月で380g、強毒カリシで舌に穴が開く寸前潰瘍ができ、たべものは消化できず、これまた、「無理」といわれた女の子がいます。

現在、4.2kg。

DSC_0373.jpg
ちぃちゃん

生君もそうなることを祈って、今日も一日無事に過ごしてくれることをさらに祈ります。


スポンサーサイト
ドモ~♪ヽ(^-^ ) (v^ー゚)ヤッタネ!!
2014年11月28日 (金) | 編集 |
今朝の生君です。

DSC_1469.jpg

どうですか?

昨日のブログの写真から今朝のこの顔の違い・・・。

10/15以来のかわいい生君がお目見えです。(どんな状態でもかわいいですがね)

昨日の夕ご飯は今までにない食べっぷり。

そして、生後2か月半にして、本日、初めて、自分からご飯を食べました。

今まで、ずーっと鼻づまりや体調不良で自分から食べませんでした。

体調がいいとき、餌場にやってきても鼻が詰まっているから食べない・・・、そんな状況でした。

生くんは、果たしてご飯を自分からたべるのだろうかという不安もありました。

今朝から私は超ご機嫌です。

今朝も仕事前に病院に行ってきましたが、

   「動いている・・・」と主治医が。

そうです、生君、呼吸もだいぶ落ち着き、酸素室でずいぶん動くようになりました。

生君、早く酸素室から出たいみたいです。

試しに、お外で少し遊ばせましたが、やっぱりまだきついみたいです。

まだ黄疸があります。

酸素濃度を高濃度から日常生活に戻すリハビリも必要です。

まだまだ完治まで時間がかかるでしょうが・・・。

とにかく今日はとても嬉しいです。

生君、よく頑張りました。

皆さんのお祈りで生君は命をいただきました。

生後2か月半の成長ブログ・・・、闘病ブログになってしまいましたが、これからは、本当に成長ブログであってほしいと思います。

あらためて、ブログを読んでくださった方、動物病院の先生、スタッフさん、そして、動物病院で生君を応援してくださった方、家族に感謝いたします。

ありがとうございました。







ありがとうね、生君。応援してくださった皆様、ありがとうございます♪
2014年11月27日 (木) | 編集 |
生君、一昨日はまた危ないと思えましたが、昨日のお昼過ぎから、肺炎から復活の兆しが・・・。

食べ始めました。

昨晩は15g、今朝は20gをぺろりと。

と言っても、まだ、自分から食べないので、食べさせています。

月曜日に病院の待合室でいっしょだった方からも、「ずいぶん元気になったね」と言われました。

呼吸数も一昨日が1分間に40回が30回に減りました。

お腹をペコペコとさせながらの呼吸も落ち着いてきました。

ご飯が食べられるなら、毎日の点滴も不要ということです。

黄疸については、尿検査の結果、やはり少し黄疸があるみたいです。

ただ、オシッコ中の白血球や鮮血もないので、要観察です。

体重ですが・・・、420g。

生君の月齢の標準体重は約1000g。

MAX体重は540gですから、120gも減っていました。

それでも、生きてます。

昨晩はご機嫌で、顔をなでると、スリスリしながらもっととせがんでいました。

私が昨晩から口の奥に口内炎ができ、痛くて、ご飯を食べたり、しゃべるたびに痛く、辛いです。

この状況を、生君は二回なり、それでも悲鳴と痛みからの震えながら食べてくれました。

我慢強い、いつも頑張ってくれる生君に、感謝です。

ありがとうね、生君。

まだまだ完治までは長期戦となると思いますが、一歩一歩前進していきたいと思います。

生君を心配し、一緒にお祈りをしてくださった皆様に感謝です。

一旦は医学的・経験から「諦めて、しょうがない、無理」といわれた命、皆様のおかげで、生君は、また命をいただきました。

ありがとうございました。

そして、あきらめきれない私に、お付き合いしてくれ、適切なアドバイスや対処をしてくださった主治医をはじめ、先生やスタッフのみなさま、本当にありがとうございます。

まだまだお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

今も同じような状況の猫ちゃん、犬ちゃん、うさぎちゃん、ハムスターちゃん、鳥ちゃんがいると思います。

諦めるのはいつでもできます。

最後まで諦めずに、奇蹟を信じて、がんばって欲しいと思います。

正直、今回は厳しいと感じていたので、本当に嬉しいです。

いつもの神様お願い・・・。

また、神様から奇蹟いただきました。

信じる者は救われるです♪


DSC_1463.jpg

今は痩せちゃって、結膜炎もあるから凄いお顔だけど、そのうち、かわいい生君になるからね。












またしても・・・~生後76日目~
2014年11月26日 (水) | 編集 |
一昨日、おしっこをしなかったので気にしていました。

お昼休みに帰ったら、してあったのでほっとしました。

が…、夜、帰宅後、トイレシートは濃黄色~薄橙色。

またしても、黄疸?

そして、その後も、少し薄くはなっていましたが、まだ色の濃いオシッコでした。

夕飯は食べが悪く、天候が悪いからかなと思っていました。

因みに私も昨日は歯茎が今までにないくらいうずいていました。

顔つきもつらそうにしていたので、ふと、身体を触ると、体温が低い。

ペットヒーターしているのに。

急いでカイロを体につけ、フリースをかけて、暖を取り、どうにか復活。

低体温になると、身体の機能が鈍くなるため、あっという間にお星さまです。

昨晩、フリースのお布団をかけて寝てくれ、低体温が解除されたためか、今朝は顔つきがよくなり、ご飯を30分かけて、10g食べてくれました。

黄疸については、病状によっては午後、大丈夫そうなら夜病院へ行きますから、その時に主治医に相談しようと思います。

本当に生君、頑張ってます。

何度も何度も這い上がってきて・・・、ありがとうね。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、通常の仔猫ちゃんの1/3の大きさです。

これで生きていることが不思議なくらい・・・。

毎回、生くんの酸素室を覗くとき、御祈りしながらです。

正直、とっても怖いです。

私ができることは病院への送迎とご飯を食べさせてあげることと、お部屋のお掃除です。

かかりつけの動物病院の先生たちは、「やれることはしているので、あとは、生君の免疫力が病気に打ち勝つのを待つだけ」と言われています。

ここまでくると、あとは神頼みしかありません。

生君、本当に頑張ってます。

いつかは走り回れるようになることを祈りたいと思います。

DSC_1444.jpg

追伸
 生君はトイレも酸素室の中です。こんな辛い状況でも、ちゃんとトイレシートの上でしてくれます。
 凄いでしょう。
 そして、ありがとうね。


大きなヤマは越えました~生後75日目~
2014年11月25日 (火) | 編集 |
昨日、主治医はお休みなので、別院の主治医に診てもらいました。

受付のスタッフさんも生君のこと心配してくださり、スタッフさんとお話しているとき、先生が通ったので、生君のこと、

「大丈夫ですよね」と聞いたところ、

「大きなヤマは越えたと思います」とおっしゃって下さいました。

今朝は主治医に診てもらいましたが、今、服用している薬は3・4日後くらいから効果が出てくるそうで、水・木曜日あたりから効果が出てくれればということです。

昨晩は、顔を触ってあげると、気持ちよさそうに甘えてきました。

あくびもしていました。

生君、段々と楽になってきているのでは。

生君が苦しむことが一番辛いです。

生後75日、体重500gないと思います。

通常の半分・・・、でも、少しでもご飯をたべているから、ほんの少しお腹が大きくなりました。

今は、ゆっくり寝て、少しでもご飯を食べて、乗り切ろうね。

♪強いぞ強いぞ生君、ママは生の応援団お~♪

一緒に頑張ろうね。

DSC_1446.jpg



良くなってきてます~生後74日目~
2014年11月24日 (月) | 編集 |
呼吸数が見ていて苦しそうなくらい早かったのが、減ってきました。

少しでも食べるとすぐに横になったのが、なくなりました。

良くなってます。

取り急ぎご報告まで。

これから、他の保護猫の病院です。

更新できたら、今日更新します。

が、もしかしたら、明日になっちゃうかも…

ごめんなさい




ほんの少しですが、ご飯食べました~生後73日目~
2014年11月23日 (日) | 編集 |
生君のことご心配してくださっている方、更新が遅くなり申し訳ございません。

休日の方がハードなもので・・・。

生君、ほんの少しですが、ご飯を食べました。

寝ることもできてます。

ただし、酸素濃度が40%に近いとです。

昨日、酸素濃度計測器も借りました。

測ってみると、38%近くまで酸素濃度をあげることができていました。

私たちのいる環境は20%くらいです。

今日、点滴で病院へ行った時、主治医は50%まで酸素を入れてくれました。

生君、呼吸が楽そうに・・・。

それと、主治医の話だと、「諦めて」から「大丈夫」に変わりました。

今まで、鼻水、結膜炎、黄疸、舌の潰瘍(2回)、低体温と闘病生活が長く体力免疫力がないため、やはり長期戦になるとのこと。

それと、主治医が「病院に通えるだけいいんですよ」と。

そうですよね、病院に通えない子もいれば、お星さまになったら通えません。

これから、当分、毎日の点滴に通いますが、生君と一緒に頑張ります。

今回の通院は、大きな酸素ハウスごとの移動です。

できる限り酸素濃度を保つため、空気のもれそうなところにはテープを貼ります。

帰りには病院で酸素チャージしてくれます。

感謝です。

ゆっくりゆっくり焦らずに一歩一歩進んでいきたいと思います。

DSC_1440.jpg

酸素ハウスの中の生君です。ぬいぐるみさんと爆睡中zzz






肺炎③~生後72日目~
2014年11月22日 (土) | 編集 |
昨日の夕方、病院へ迎えに行きました。

主治医からは、あきらめてくださいオーラが・・・、というよりはっきり言われました。。

病院の酸素ハウスは酸素の濃度を40%まで上げられ、そうすると生くんは眠れるそうです。

30%だとまだ苦しいらしく、寝ていても急に起きるそうです。

昨日借りた在宅用の酸素ハウスは30%までしか濃度を上げられません。

生くんにとってどうなのか・・・。

寝れたみたいです。

ご飯も昨晩3g、今朝5g食べました。

昨晩見に行くと、ぬいぐるみにフミフミしていました。

私は諦めません。

生くん、亀のようですが、のんびりゆっくりと前進しています。

ご心配メールをくださった方、ありがとうございます。

ご飯を食べるのは、エネルギーがいて、酸素もたくさんいるそうです。

ご飯の後は、また、全身で呼吸をしていましたが、しばらくたつと、呼吸数は早いですが、全身呼吸も治まります。

とにかく生き抜いてほしい。

そういう意味で付けた「生(いく)」です。

今は、いままで苦しくて眠れなかった分、いっぱいねて、免疫力・体力をつけてくださいね。

回復して、主治医にまた我が家の奇跡を見せつけようね。

諦めたらそこで終わり。

医学が何といおうとも、諦めなかったら奇跡はおきます。

生君、あなたは私の誇りです。

生き抜くからこそ、今、辛くても頑張っているんです。

未来があるからこそ、何度も這い上がってこれたんです

私は全力であなたを応援します。

応援させてね。

DSC_1431.jpg

ブログを読んでくださっている方、どうぞ、生くんの無事を一緒に神様にお祈りください。

よろしくお願いいたします。




肺炎②~生後71日目~
2014年11月21日 (金) | 編集 |
生君、昨日は昼間に病院に行きました。

抗生剤の注射と点滴です。

低体温は改善されているそうです。

仕事から帰ると、昨日よりは目がしっかりとしていて、抱っこして、鼻先を撫でると気持ち良さそうにしていました。

一旦家のことをしてから、再度見に行くと、ベットから出ていて、口呼吸。

やばい!!と思い、即病院へ。

今、鼻づまりがあるから、口呼吸になっているとのこと。

猫にとっての口呼吸は危険信号です。この時は、すぐに病院に行ってください。

今、病院でできることは、酸素ハウスに入れて楽にすること。ただ、これは治療ではないので、あとは、生君次第ということ。

このときは主治医ではありませんが、先生と相談し、酸素ハウスを使うことにしました。

今朝、病院に行って、主治医と再度相談し、酸素ハウスに入れてもらうことにしました。

今、生君、酸素ハウスの中です。

生君、楽になったかな。

ごめんね。もう少し早く判断してあげればよかったね。

今日、生君がいない昼休みに酸素ハウスが届くからね。

お家でも楽になれるといいね

ということで、主治医から紹介していただき、酸素ハウスをレンタルすることにしました。

呼吸が苦しく、寝れないみたいで、少しでも楽になるならとの決断です。

主治医&昨日みてもらった先生もいっていた「3日間が勝負」の本日3日目です。

今朝、生君は苦しそうに息をしながら、私の肩に登ってきました。

昨日よりは元気がでたでしょうか?

このまま回復に向かってほしいです。

生君なら、大丈夫。

今まで、どれだけの試練を乗り越えてきたのか。

生君は、強い子です。

猫だけではないけど動物全部、人間と同じく、神様からいただいた命です。

寿命をまっとうしなくていい命はないと考えています。

猫や犬は自分で病院に行けません。

ご飯も買えません。

だったら、私が動くことで、一匹でも猫が助かるなら動こうと思います。

私のエゴかもしれませんが、後悔しないよう、全力でお世話したいです。

生君、あきらめないでね。

これから、幸せ待ってるよ



肺炎~生後70日目~
2014年11月20日 (木) | 編集 |
昨日、帰宅後、生君の呼吸がやっぱり苦しそうでした。

主治医は水曜日は夜診察があるので、仕事が終わってから、病院へ行きました。

聴診器を当てると、右肺の音がおかしいということで、レントゲンを撮りました。

肺炎です。

朝は別の先生でしたが、肺炎は大丈夫と言われていたのに…。

正直、今回の生君を見ていて、今までで一番不安でした。

正直、怖かったです。

主治医曰く、かなり危険です。保護していると必ずあることだから…。

でも、あきらめられない私に、「この三日間が勝負。それを過ぎれば助かる見込みが大きい」とおっしゃって下さいました。

生君、まだ70日しか生きてません。

後半の大半は、闘病生活です。

まだ、走り回ってません。

やんちゃもしていません。

お腹いっぱい、自分でご飯を食べていません。

今、生君、とても苦しそうに身体全体で息をしています。

生君の頑張りを知っているから、最後まであきらめたくありません。

いつもこんなときは、神頼みです。

それで、医者から見放された猫軍団助かってます。

昨晩、主治医も、「ゆずがんさんのところは、みんな治ってるもんね」とおっしゃってくれました。

生君も、下痢、カリウスによる舌の潰瘍二回、黄疸、ヘルペスによる瞬膜癒着、そして、今回の低体温もみんなクリアしています。

これからも生きていくから、クリアしているのだと・・・。

だから、今回もクリアすると信じます。

保護主様からのメールです。

 保護したあの日も大きな声で助けを求め、私たちにしがみつき一生懸命ミルクを飲んで生きようとしていた姿が今でも忘 れられません。

どうぞ、ブログを読んでくださっている方、生くんの無事を祈り、一緒に神様にお祈りお願いいたします。

****************************************************************************************************

生君へ
 
あなたは凄い子ですよ。
産まれてまだ2か月ちょいなのに、何度危ない橋を渡ったことでしょう。
そのたびに、危機を乗り越えてくれて、ありがとうね。
小さいままでもいいんだよ。
ご飯、自分で食べられなくてもいいよ。
ずーっと、食べさせてあげるから。
身体が弱くてもいいよ。
通院も苦じゃないからね。
生君が苦しくなく、生きていてくれればそれだけでいいです。
神様はいます。
あなたは幸せになるために我が家にやってきました。
幸せになろうね
みんな、応援してるよ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。